痩せるサプリの効果をリアル口コミ!痩せるホルモン効果の威力は?

痩せるサプリって効果あるのか?

歳を重ねるごとに痩せにくくなって来て
主人のお腹もどんどんポッコリ!((((;゜Д゜)))))))

健康診断もここ数年は、ずっと、

「食事のカロリーや飲酒に気を付けて、
運動して下さい!」

と言われている主人(◞‸◟ㆀ)


主人は、

アルコールが苦手で飲酒しないし、
食事のバランスも気を付けているのに

「なんで?」と思いつつ、

このままではアカンっ!!!

と思い、痩せるサプリについて「口コミも参考」にし、
色々調べたり試しまくったり。


テレビや雑誌で最近よく見かける、

「痩せホルモン、痩せ菌、こうじ酵素」についても、
徹底的に調べましたし、試したりもしました!


そんな主人が、

「1日3食」いつも通りの食事をして、
ただ、このサプリを飲んでいただけなのに

ポッコリお腹が解消されて来たんですっ!╭( ・ㅂ・)و !

主人いわく、

「体もだんだん軽くなって来たわ~♪」
と機嫌もイイんですよ^^( ´∀`)b♪

  • 最近痩せにくくなって来た(><;
  • 運動は苦手だけど痩せたい!
  • 食事制限は続かないしキツイ(><;



同じ様に悩んでいる方には、
参考になると思いますので、

どうぞ読み進めてみて下さいね^^

スポンサーリンク








痩せるサプリ成分はズバリこれだった!



何となく、
いつもの様にテレビを流していたら、

「痩せるホルモンを増やす方法」

と聞こえ、めちゃくちゃ気になって、
かぶりつき気味に見ていると(苦笑)。


「ある痩せるホルモンを増やすと、
運動した時のように脂肪を燃焼させる働きがあるんですよ!

と女医さんが話していたんですっ!


私が見た番組は、
日本テレビ系「スッキリ」です。

では、

「ある痩せるホルモンとは何なんだ?」と、
知りたいですよねっ!


しっかり録画をして、
何度も見て、調べたんで、

「痩せホルモンを増やす方法」を詳しくお話ししますね╭( ・ㅂ・)و !

痩せるホルモンとは?


痩せるホルモンとは?

代表的なものとしては、

  • アディポネクチン
  • ペプチド
  • GLP-1

などがあるんですが、

その中で、

「アディポネクチン」は、

脂肪細胞から分泌されるホルモンの一種で、
「運動した時のように脂肪を燃焼させる働きがある」

と言われているんですっ!



聞いたコトが無かったんで、
覚えるのも少々難しく、メモメモ・・・。(苦笑)

番組では、

「アディポネクチンが少ない人は、痩せにくい!」
と言われていました。


そして、

「おからパウダーが、
アディポネクチンを増やしてくれますよ^^」

と話されていたんで、
溶けやすいタイプのおからパウダーを購入し

おかずやらコーヒーに♪


すると、

うちの主人いわく、

「無味無臭やけど、飲みこむ時に違和感があるわ(--;」

「食事も美味しく食べたいし、
コーヒーもそのまま美味しく飲みたい!」


私も一緒に試してたんですが、
確かに・・・(--;

ん~~~どうしたもんか(@@;


じゃあ、アディポネクチンを増やしてくれる成分が入った
サプリを探せば

ダイエット効果が出るかもっ!」

そう思い、

「アディポネクチン」についても詳しく調べ、
サプリを探したのがキッカケなんですっ!

スポンサーリンク








アディポネクチンとは?効果効能を詳しく!



まず、「アディポネクチン」とは、

  • 脂肪細胞から分泌される、
    善玉コレステロールの「ホルモン物質」
  • 1996年に、大阪大学で発見された。
    「ジャパニーズホルモン」と呼ぶ医師もいる。
  • 別名「長寿ホルモン」や「超善玉ホルモン」と呼ばれ、
    様々な効果が期待されている!


アディポネクチンの効能効果!


脂肪の代謝を促進して中性脂肪を下げる!
  • アディポネクチンには、
    「運動と同様にAMPキナーゼを活性化する作用がある!」

    ことが報告されている。


    →骨格筋でのブドウ糖の取り込みや、
    脂肪酸の燃焼が促進される!


  • ハーバード大学の研究グループが行った、
    「肥満度別の血中アディポネクチン値テスト」によると、

    「BMIが高い(肥満体系)の人ほどアディポネクチンの値が低い」
    と判明。


    メタボリックシンドロームの予防・改善!


動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を予防と改善!
  • 傷ついた血管の修復や拡張し、
    血液の流れを良くする働きがある。

  • 動脈硬化が引き金となって起こる、
    心筋梗塞や脳梗塞の予防にも有効。


大腸がん、乳がん予防!
  • がん患者に共通している要素として、
    「血液中のアディポネクチン濃度が低い」という結果が出ている。

  • 「東京大学医学部腫瘍外科」の実験によると、

    ヒトの胃がん細胞をマウスに移植し、
    がんを発症させた状態のまま、

    アディポネクチンを投与したところ
    「最大で90%もがんが減った」という結果も出ている。


糖尿病を予防!

「アディポネクチン」には、
血糖値を下げ、インスリンの効きを良くする作用がある。

糖質の代謝を活性化する!
慢性的に増えてしまった血糖値を正常に戻す!


高血圧を防ぐ!

血管が拡がる作用や、血圧が上がる原因となる、

「過剰なナトリウム(塩分)を排出させる働き」によって、

血流が良くなり、血圧を正常化させる。



今まで「アディポネクチン」なんて、
全く知りませんでしたが、

とっても優れた「痩せるホルモン、長寿ホルモン」ですよねっ!


つまり、

「アディポネクチンを増やすと痩せる!」

というワケですっ!


なんで、

時間はかかりましたが、

「アディポネクチンを増やしてくれる成分が入った」

痩せるサプリを、ようやく見つけ、
主人も飲みだしました!

痩せるサプリはズバリこれ!



主人が飲みだした「痩せるサプリ」は、
「DSアディポ」です!

糖尿病や肥満の専門医として、
「主治医が見つかる診療所」などでもお馴染み

その他、健康番組などでも活躍している、

「岡部正医師」が開発の監修をした、
お墨付きのサプリメントなんですよ!( ・ㅂ・)و !




出典:https://www.solveds.jp/


食品から、充分な量を摂るのが難しい、

「アディポネクチンを増やす」とされる、

「3つの成分を配合」されています!

  • β-コングリシニンの大豆たんぱく
  • αリノレン酸を含んだ亜麻仁油
  • ノビレチンを含んだシークワーサーエキス



原材料と配合量を、きっちり公開されています!

「1cmほど」の粒タイプなんで、
飲みやすいのもgood♪




出典:https://www.solveds.jp/


ハードな運動もせずに、
食事もいつも通りで、

ただ、飲んでいただけなのに、
1ヵ月ほどで、お腹周りが-4.7cmもっ!


「スーツのパンツと、
私服のジーンズ類の買い替えせなあかんな~♪」

と、ニコニコしながら、
飲み続けていますっ!

と言うか、

私も飲みだそうと思い、2個定期にしました~♪

※定期購入は、いつでも解約、一次ストップが可能ですから!


「公式HP」をご紹介しておきますので、
気になる方は、1度覗いてみて下さい^^




※公式HP⇒【アディポネクチンサプリ DSアディポ】


痩せホルモンを増やすエクササイズ



番組では、
自宅で手軽にできる、「痩せホルモンを増やす」

「ながらエクササイズ」も、

紹介されていたんで、
お伝えしておきますね^^

ポッコリお腹改善エクササイズ!


  1. ソファや椅子に浅く座り、
    腕に力を入れて、クッションを挟む。

    ※クッションをつぶすイメージで!



  2. 力を入れたまま、左右に「お腹をひねる」。10回。


  3. 左右に倒す。10回。


※ひじを高く上げると効果的!

ぷにぷに二の腕改善エクササイズ!

  1. 「手は肩幅」「指先は自分の方向」にし、
    テーブルに手をつく。


  2. ひじが90度になるまで体を下す。


  3. ※脇を締めて!

  4. 二の腕の力だけで、体を持ち上げる。10回。



むっちり太もも改善エクササイズ!

  1. ソファや椅子に浅く座り、
    内ももに力を入れて、クッションを挟む。


  2. 椅子を持ち、内ももに力を入れたまま、膝を胸に近づける。


  3. 下した足は床につけずアップダウン。10回。






テレビを観ながら、数分でできるんで、
ぜひ試してみてください!

まとめ



今回は、

  • 最近痩せにくくなって来た(><;
  • 運動は苦手だけど痩せたい!
  • 食事制限は続かないしキツイ(><;



とポッコリお腹で悩んでいた、主人が、

いつも通りに食事をし、ハードな運動もせずに、
1ヵ月ほどで、「お腹周り-4.7cm」の効果が出た

痩せるサプリ「DSアディポ」について、
お話ししました!



「DSアディポ」を飲みだすキッカケとなった、

「アディポネクチン」についても、
詳しくお伝えしました。

「痩せるホルモン、長寿ホルモン」を増やして、
健康的なダイエットをしたいですもんね!

ぜひ、参考にしてみて下さいね^^

スポンサーリンク






No tags for this post.