痩せるホルモン サバの水煮缶 肥満解消と若返りレシピ

痩せるホルモンで、肥満解消と若返りができる!

 

たけしの家庭の医学で紹介されていた

話題の、

「痩せるホルモン」知っていました?

私は知らなかったんです。

 

だから、

痩せるホルモンがあるって聞いた時は、思わずテレビ画面に近づきました^^;

正確には


痩せるホルモンとは「GLP-1(消化管ホルモン)」

と言うそうですね。

 

痩せるホルモンを上手くとることで、

肥満解消とアンチエイジングもできてしまう!!

っていうことで調べました!!

スポンサード リンク






「GLP-1」という物質とは、アメリカで、

肥満患者さんの医療用として使った

肥満治療の切り札としていたそう。

なんと!


148kgの人が

治療後76kgになったそうなんですよ!

そして、嬉しいことに「GLP-1」は、

どんな人の身体にも存在していること

食事を食べた後に、更に分泌量が増える

ということが分かりました。

 

歳をとるにつれて、嫌なことに、

身体の筋肉量が落ちるために

基礎代謝が落ちてしまうから

多くの人が肥満・中年太りに悩んでいますよね

 

更に、

肝臓に脂肪ついてしまう、脂肪肝等を解消する為には

今までならは、

「食事制限をしながら筋肉を強化する運動をしてください!」

と言われていました。

 

だから、忙しい会社員の人たちには、

疲れているのにまだ運動しなくてはいけないのか!?

と、運動がネックになっていたはずなんですよね><;

 

でも、ここで救世主が現れたということ^^


「痩せる努力をしなくても、ヤセられる物質の存在があるよ!」 

というわけです^^v

ただ・・・

痩せるホルモン「GLP-1」は、

人によって分泌する量が違うんですよ--;

太っているとあまり出なくて、痩せていると良く出る・・・

 

ならば、


”どうすれば「痩せるホルモンGLP-1」がたくさん出てくれるのか?”

ですよね!

 

分泌する量を増やす出し方として、

小腸を刺激すると、

痩せるホルモンが、大量に出る可能性があること!

スポンサード リンク






 

■痩せるホルモンを多くだしてくれる食べ物は2つ!

食物繊維

・・・食物繊維で腸を運動させて刺激を与える

サバの水煮缶

・・・青み魚で油ののったもの、EPAが細胞に働きかける


※サバのEPAが細胞に働きかけて、

出しやすくする可能性があるとの事

ちなみに、サバの次はいくらがEPAが多いんですよ。

 

でも、

サバの水煮缶って安いし、缶詰だから

涼しい場所での保存がきくので家計にも助かるし♪

 

サバの水煮缶を使って、簡単だけどおいしい

ダイエット アンチエイジングレシピがあるんですよ^^

 

「サバの水煮缶 ダイエット アンチエイジング料理」

ご紹介しますね^^♪


「さばの水煮缶トマト煮」

1

<材料>2人分


・「さば水煮」・・・1缶

・たまねぎ・・・1/4個

・にんにく・・・1片

・ホールトマト缶詰・・・200g

・オリーブ油・・・大さじ1

・塩・・・少々

・こしょう・・・少々

・グリーンアスパラガス・・・2本

・イタリアンパセリ・・・適宜

<作り方>

1.「さば水煮」は、缶汁ごと器にあけて、

電子レンジ(600W)で約1分間加熱します。

2.鍋にオリーブ油を入れて熱し、

にんにくのみじん切り・たまねぎを加えて炒めます。

香りが出たらホールトマトを加え、トマトを木べらでつぶします。

(1)を加えて弱火で約1~2分間煮ます。

3.塩・こしょうで味をととのえて器に盛ります。

塩ゆでしたグリーンアスパラガスを添え、イタリアンパセリをのせます。

ダイエットレシピとしてだけではなくって、

アンチエイジングレシピとして

効果もあるし、主婦にうれしい節約レシピとしても活躍するんですよ♪

多分、

今頃はスーパーなどでサバの水煮缶、売り切れてたりしますよっ-o-;

背中の青い魚には

EPAが豊富で身体にもいいって聞くんだけど

どうしても、脂っこい・臭いから苦手と言う人はいませんか?

我が家にも1人いるんですよね^^;



コレを毎日飲んでます♪
 

スポンサード リンク






Bookmark this on BuzzURL
Share on Facebook


Tags: , , , , , ,

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)