白湯の作り方とは?電子レンジでもイイ?正しい方法はコレ!

白湯には、こんなに効果があったの?

本で、白湯のイロイロな効果を知った私!

白湯なら、電子レンジでササッと作れるし~♪

でも、ちょっと待ってください!

白湯の作り方と飲み方が、肝心だったんですよ!

スポンサード リンク






私は、
ある本を読んで、白湯のいろんな効果を、
知ったんですよね^^


今まで、白湯の効果、知らずにいたんだな~^^;


と、勿体ないと痛感><;

その中でも、
白湯の正しい作り方と、飲み方について
書いてありました。


「ただ、白湯を飲めばイイんでしょ~♪」


実は、ココが、肝心なところっ!

そんな単純なじゃ、なかったんですよ!


白湯の作り方と飲み方
正しい方法を、あなただけにコッソリお話しますね^^

コッソリきれいになって、
みんなを、出し抜いちゃいましょう(´・Д・)」

白湯の効果とは?



あなたは、
白湯って、どんなモノか知っていますか?


・・・お湯の、ぬるいモノでしょ!(¬_¬)


実は、白湯とは、

お水を沸騰させて、
ふたを開けた状態で、10分以上沸騰させたもの!



正しい白湯、知っていましたか^^;?

飲み方

ちゃんと理由があるんですよ!

サクッと簡単に説明すると・・・


私は、
「白湯 毒だし健康法」という本を読んで、
白湯の作り方や効果について、詳しく知ったんですよね!


インドの伝統医学、アーユルヴェーダでは、
体はすべて、3つの要素でできている
と、言われているんです。

  • 風=ヴァータ
  • 水=カパ
  • 火=ピッタ



3つの性質のバランスが崩れて
1つだけ強くなると、

  • ヴァータ(風)・・・痛み
  • ピッタ(火)・・・炎症
  • カパ(水)・・・むくみ、冷え


こんな症状で、体に出てくると言われているんです!



分かりにくいよ~(¬_¬)


・・・ですよね^^;?

例えば、こういうコトなんです!

吹き出しアイコン女性

水道の水、そのままだと、
カパ(水)の性質が、強すぎるので、
体を冷やしてしまうんですね!


なので、水道の水を、火にかけることで

カパ(水)の性質が減り、
沸騰させ続けることで、
ピッタ(火)とヴァータ(風)の性質が、取り込まれていく・・・

3つのバランスが、完璧になる!



白湯は、
この3つの要素を、完璧に満たす飲み物というコト!


そして!

白湯の効果は、こんなにあるんですよ(((o(*゜▽゜*)o)))

吹き出しアイコン女性

  • ダイエットの効果
  • 便秘が改善される
  • がキレイになる
  • デトックス作用の効果


  • ただ白湯を飲むだけだから、
    お金もかからないし、とっても簡単に続けられる♪


    ですが!

    白湯の作り方を、正しい方法でつくるコトが肝心!


    いよいよ、
    白湯の正しい作り方、お話しますよ~^^

    スポンサード リンク






    白湯の正しい作り方


    1. やかんに、水800mlを入れて、強火にかける。
    2. 沸騰したら、ふたを取り、湯気が出るようにする。
      火加減は、大きな泡がブクブクと立つくらい。
    3. そのまま10~15分間、沸かし続ける。
    4. ※この時、換気扇を回して
      水に、ヴァータ(風)の性質を入れましょう^^

    5. 白湯を飲める程度に冷まします。



    白湯の残りは、保温ポットに入れてもOK!

    ※ やかんが無い場合は、お鍋でもOK!
    ※ お水は水道水でOK。浄水器を使った方がイイです^^



    やかん

    電子レンジや電気ポットではなく、
    やかんやお鍋を使うのは
    このヴァータ(風)の要素を、強めるため!


    なので、面倒だけど、
    やかんで、白湯を作って下さいねっ(´・Д・)」


    正しい白湯の作り方は、コレで分かりましたよね?


    次に大切なのは、
    白湯の正しい飲み方!


    正しい飲み方をしなければ、
    白湯の効果も、変わってしまいます><;

    行きましょう~!

    白湯の正しい飲み方


    • 白湯の温度は、50~60度!

      内臓の温度も、40度くらいあるので、
      それよりも少し、高くしてあげると、
      内臓の中の毒素を、流しだす効果があるんです(´・Д・)」



    • 私は、料理用の温度計で計ってます♪

      その方が、確実ですから^^

      料理用温度計


      200度までのなら、700円くらいで買えますよ^^
      (私は、ニ○リで買いました)

      製菓材料店にもあるし、
      100℃までだったら、大型スーパーにも置いてますよ^^

    • 白湯1杯は、150mlほど。
    • 10分くらいかけて、ゆっくりチビチビ、飲んで下さいね^^

    • 白湯を1日に飲む量は、700ml~800mlまで!



    そして、
    白湯は、1日のいつ、飲めばイイのか?

    白湯を飲むタイミングも、大事なんですよっ!


    白湯の効果を発揮してくれる、
    飲むタイミングは、3つあります!

    • 朝起きてすぐ
    • 食事の時
    • 寝る前



    もちろん、この3つのタイミングにも、
    白湯の効果が出る、ちゃんと理由があるんですよ!

    1つずつ、お話しますね^^

    <朝起きてすぐ>

    150mlを、チビチビ飲む。

    • 胃腸をあたためてくれるので、消化力を高める
    • 体の代謝を上げてくれる。
    • 老廃物を押し流し、腸をきれいにする。
    • 便秘に効果を発揮する。



    ダイエット

    <1日3度の食事の時>

    食事をしながら、150mlを、少しずつ飲む。

    胃腸をあたためるので、活発に働いて、
    消化力がグーンと高くなります^^


    <寝る前>

    150mlを、チビチビ飲む。

    • 翌朝の、むくみを取ってくれる。
    • 体温が上がるので、寝つきが良くなる。
    • 副交感神経が働いて、リラックス・熟睡できる。



    ちなみに、私は、
    白湯を飲み始めて1か月ごろ、こんなコトが・・・

    • 翌朝の、むくみが解消された。
    • 肌荒れが、治りだした。
    • 便秘が、少しずつ解消した。
    • 体重が1か月で、2.8kg減った。
    • (食事やお酒も、普段とおりです^^)

    • 朝の目覚めがスッキリしている。
    • 空腹でも、イライラしなくなった。
    • 風呂あがりの足が、ずっと温かくなった。
    • 飲んでるうちに、甘くおいしく感じるようになった。



    白湯を飲み続けている、感想と結果です^^

    やってみる価値は、ありましたよ~(´・Д・)」

    まとめ

    今回は、
    白湯の作り方と飲み方、効果について
    正しい方法を、お話しました!


    とっても簡単でしたよね?

    白湯の正しい作り方と、飲み方もバッチリですよね♪

    • 白湯を作る時は、やかんか鍋を使う。
    • 沸騰したら、ふたを取り、そのまま10分沸騰させる。
    • 白湯の温度は、50~60度がベスト!
    • 1杯150ml、チビチビ飲む。
    • 朝起きてすぐ・食事時・寝る前の、
      3つのタイミングに、飲む!



    あなたも正しい方法の、
    白湯の作り方と飲み方、実践してみてくださいね^^

    そして、コッソリきれいになりましょ(´・Д・)」

    スポンサード リンク






    Bookmark this on BuzzURL
    Share on Facebook


    No tags for this post.

    コメントを残す




    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)