クリスマスローズの植え替えの時期は?土や肥料は?


クリスマスローズの植え替え方
 

冬の貴婦人とも言われる、クリスマスローズ

冬から早春のお庭の主役としても、大人気ですよね^^

 

花はうつむき加減に、控えめに咲くのですが、

クリスマスローズには、とても華やかさがあります。

 

そんなクリスマスローズを、

家で失敗しないように植え替え・植え付けをして

毎年、ふやしていきたいですよね^^

 

そこで、ポイントとなってくる、

植え替えの時期と、元気に育つための土や肥料のことを、

徹底的に調べました

 

スポンサード リンク






クリスマスローズの育て方 年間スケジュール


クリスマスローズ 栽培期間グラフ
 

この年間のスケジュール表を見ると、分かるのですが、

それぞれの作業で、適している時期や、必要ではない時期などが、

ずくに分かると思います。

 

毎日行う作業というのは、2つの作業ですね。

    • 花がら摘み

タネを取らないない場合は、花を摘み取ります。

色あせてきる時期を頃合いと判断して、

花首の位置を、ひとつひとつ切り落としましょう

 

花がらを摘むのは、種をつけて余計な体力を、

消耗しないようにするためです。

 

タネをとる場合は、タネが成熟するのを待ってから、

花柄を切り取ります。

 

    • 古葉取り

になると、どんどん新芽が出てきますので、

生長を始める11月~1月頃に、

今まで付いていた葉(古葉)を、すべて付け根から切り落とします

 

これは、十分に株元まで日を当てるためです。

そうすることで、花芽が上がりやすくなるんですよ^^


クリスマスローズ花画像
 

植え替えの時期とやり方

 

10月にもなると、各地の園芸店でも、

クリスマスローズの小苗が店頭に並び始めますね。

 

クリスマスローズ植え替えの時期は、

10月から翌年3月まで行うことができます。

 

ですが、一番適している時期は、10月から12月です。

 

 クリスマスローズの、植え替えの時期の目安として、

キンモクセイの花が咲くころが、ベストなんですよ!

 

 秋に苗を入手した場合は、根を完全にほぐして

古い用土と傷んだ根を、取り除いてから植えつけます。

生育がおう盛なので二回り大きな鉢に、

必ず毎年、植え替えてくださいね。

 

 冬から春に苗を入手した場合は、

根を傷めると、生育が悪くなるおそれがあるので、

軽くほぐす程度にします。

 

 それ以上、株が大きくできない場合は株分けを行います。

鉢から抜いた株は、古い土を十分落とします。

黒ずんだ根は傷んでいるので、付け根から切り落として、

一回り大きな鉢に、新しい用土で植えます。

 

クリスマスローズの植え替え時の注意!


クリスマスローズ植え替え注意根っこ
クリスマスローズの植え替えの時期は、春と秋です。

適しているのは秋。

秋には台風も多い時期ですね。

 

なので、植え替えが終わった後の、クリスマスローズが

毎日の雨の粒などで、用土がはがされてしまうのです

 

株の根本に出て来た根が、空気にさらされて、

先端が枯れてしまっていますね。

 

もしもこういう状態になったら、慌てずに

再び、新しい用土をこの根に、かぶせてあげましょう!

 

そうすると、軸元から新しい根が出てきますよ^^

 

土と肥料はどんな種類がいいの?


悩む女性イラスト

土の準備

 

水はけのよい用土が適しています。

赤玉土(小粒)4:腐葉土3:軽石(小粒)3の割合で

混ぜた土などを使います。

 

緩効性肥料(マグアンプなど)も、適量いれます。

 

目安としてですが、都市部、関西、四国、九州地方などの場合は、

夏の夜間の温度が低下しにくいので、

赤玉土や腐葉土などの配分を少なくしましょう。

 

その代わりに、軽石の配分を増やして、土中の空間を多くして、

根腐れを予防するようにしましょう。

 

 植え替えの作業をする場所は、根を乾燥させないような、

風の無い日陰の場所をえらびましょう!

 

 からの植え替えの時は、

ポットの土の表面が、白く乾くようにします。

植えこむ部分の土に、をかけて、若干湿らせて行いましょう。

 

 え替え直後には、水は与えません!

翌朝の早い時間に水やりをして、細根の発達を助けるようにします!

 

肥料

 

植え替え時期と、冬から春にかけて、

庭植えの場合は、10月に緩効性肥料を施します。

 

鉢植えの場合は、10月、12月、2月に緩効性肥料を施すほか、

10月から4月まで、液体肥料を月に2~3回施しましょう。

 

”10日に1回”を目安として、定期的に与えましょう。

 

 半休眠時期の肥料を与えると、根や株を傷めてしまいます!

かえって逆効果なので、与えないように注意しましょう!

 肥料を与える場合、初期の段階には、薄く作ったものから

何回かに分けて、与えていくようにします。

最初から、濃度の濃い肥料を与えると、肥料焼けをおこすことに!


土・新芽イラスト

 

ふやし方

 

クリスマスローズを増やしていく方法は、2つあります。

    • 株分け

株分けをすることで、どんどんクリスマスローズを、

増やしていくことが、できます。

適している時期は、10月から12月ですが、

11月から翌年3月まで、行うこともできます。
あまり細かく分けてしまうと、株分け後の生育が悪くなるので、

少なくとも、3芽以上はつくように分けましょう。

    • 種まき

5月から6月に熟したタネを、採取してすぐにまくか、

乾燥させないように、秋まで保存して10月にまきます。

 

 種まきのオススメ方法

をプラグトレーなどには蒔かずに、4号~5号のポットに蒔きましょう。

 

プラグトレーなどの土の少ない容器に入れていると、

発芽までの期間が、数か月もかかりますので、

水管理がとても難しくなってしまうのです

 

まとめ

●高温多湿に弱い!

●生育期は、定期的に肥料を与えること!

クリスマスローズには、生育期半休眠期がある

クリスマスローズ生育期間は、秋~春ですね。

半休眠期と生育期がある、というのを理解しておくと、

株の状態を把握しながら、水やりや置き場所など、

肥料なども、状況に合わせて管理ができますよ^^

 

スポンサード リンク






Bookmark this on BuzzURL
Share on Facebook


Tags: , , ,

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)